« 【ももっち対談】奈良の歴史遺産と開発問題を考える 3 ■平城宮跡の整備の問題(2) | トップページ | ■ 作家の池田信雄さんから「グーランの冒険」絵本の感想が寄せられました »

■ グラブ絵本・「グーランの冒険」はこうして生まれた

   ■ グラブ絵本・「グーランの冒険」はこうして生まれた

 ももっちおばちゃんは、梅原さんとは、ほんの3ヶ月前に知り合ったばかり。
どうして「FMわぃわぃ、一緒に出演させて頂く事になったのでしょう。
: ラジオネームももっちおばちゃんは作家で溝江玲子といいます。大和郡山市に住んでいるのですが、梅原さんが図書館で溝江玲子の絵本などを読まれたんです。
「絵本を書いてる方は地元の方ですよ」と教えてくれる。
そこで梅原さん、溝江の家に電話を掛けてこられた。
「作品を書いたのだが、一度読んで貰いたい」
だから、いっとう最初は大和郡山市の図書館で会ったんです。

Umeharasan_2

baseball  梅原伸宏さん、ゆみ子さん、ももっちおばちゃん溝江 happy01

梅原さん、「FMわぃわぃ」で収録した音源が見つからなくて、画像だけのアップです coldsweats02 音源が出てきましたら、改めてアップさせて頂きます coldsweats01

* ももっちおばちゃんは、ひょんなことから出版社を立ち上げていて、それも図書館に入ってる本があったので梅原さんに分かった訳なんです。そのお話は、またの機会に譲りますが。
同じ奈良、それも同じ大和郡山に出版社があると、梅原さんは吃驚したそうです。

* 梅原さんに原稿を見せて貰い、これは面白いと思いました。
* グーランの生みの親はグラブ博士なんですが、そのグラブ博士は実は梅原さんなんです。
毎日グラブを制作しているから、このお話も思い付いたのだと思います。
: グラブを主人公にした話は、私が知ってる限りでは見たことがないです。
: 実際に基づいているので、私たちの知らない話が書かれています。
: 絵が、なんとも可愛らしい。中学生のお嬢ちゃんが描かれたものですよ。

: また脇役が個性的で魅力があるキャラクター。それぞれの特徴をきっちり捉えられています。
カラちゃん、ローションマン、モードン、グラブ仙人=天仙(てんせん)、玉次郎などと冒険が始まります。

画像をクリックするとアマゾンに飛びます ↓

Bloggooran00

flag アマゾン 絵本「グーランの冒険」
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BA-%E6%A2%85%E5%8E%9F-%E4%BC%B8%E5%AE%8F/dp/4946550267/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1448158913&sr=8-1&keywords=%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%86%92%E9%99%BA

heart04 遊絲社 絵本「グーランの冒険」

http://www.yuubook.com/center/hanbai/kodomohon_syousai/syousai_gooran.html

   お気に入りましたらbaseball 応援 baseballのクリックお願いしますね
    ↓
   baseball 人気blogランキング
   

|

« 【ももっち対談】奈良の歴史遺産と開発問題を考える 3 ■平城宮跡の整備の問題(2) | トップページ | ■ 作家の池田信雄さんから「グーランの冒険」絵本の感想が寄せられました »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

童話 絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481082/62587034

この記事へのトラックバック一覧です: ■ グラブ絵本・「グーランの冒険」はこうして生まれた:

« 【ももっち対談】奈良の歴史遺産と開発問題を考える 3 ■平城宮跡の整備の問題(2) | トップページ | ■ 作家の池田信雄さんから「グーランの冒険」絵本の感想が寄せられました »