« ■ 世界中がやめたリニアに日本だけがしがみつく異常 | トップページ | ☆ 絵本「アディ姫のパチパチまつげ」の作家ゆうせんあつこさん&画家たかがきみよこさんをお迎えして(2) »

絵本「アディ姫のパチパチまつげ」の作家ゆうせんあつこさん&画家たかがきみよこさんをお迎えして(1)

☆絵本「アディ姫のパチパチまつげ」の作家ゆうせんあつこさん&画家たかがきみよこさんをお迎えして(1)
きょうは、作家のゆうせん あつこさんと、画家のたかがき みよこさんをお招きしています。
お美しいお二人、
ユーチューブに画像を貼りましたのでよろしくお願いいたします。
ゆうせんさんは泉大津で「紙芝居」や「読み聞かせ」の活動をしています。

ユーチューブにアップ、聞いて下さいね ribbon happy01
http://www.youtube.com/watch?v=A_UnUCsg3UU

ゆうせんさんは、いろんな懸賞にどんどん当選されている優秀な方なんですよ。
優秀なゆうせんさんは、エッヘン、わたくし溝江玲子の生徒さんでもありました。
「エッ、どういうことですか?」って。
それは、ラジオネームのももっちおばちゃんは作家としては溝江玲子と申すのです。
そして「心斎橋大学」で児童文学講師をしています。
「心斎橋大学」とは、故藤本義一先生が関西に作家をということで立ち上げられた学校です。

ゆうせんさんは、おばあちゃんっこだったので、枕もとでお話してくれるのが安らぎだったそうです。
絵本が夢だったゆうせんさん。
「絵本なのに絵が描けないわたし、いえいえ、コラボすればいいのです」
泉大津の昔話を地元で本にして貰う時にイラストを描いてくれたのが、たかがき みよこさんです。
たかがきさんの絵は、自分の絵本にぴったり、とその時から思うようになりました。
そして念願かなって、「アディ姫のパチパチまつげ」の絵本になったのです。

「アディ姫のパチパチまつげ」の前半をゆうせんさんが読みます。
お楽しみ下さいね。

heart04 遊絲社 「アデイ姫のパチパチまつげ」作 ゆうせん あつこ 絵 たかがき みよこ
http://www.yuubook.com/center/hanbai/kodomohon_syousai/syousai_adi_matuge.html

かわいいアディ姫さまが巻き起こす大騒動!?
アディ姫は、いつもまわりから「かわいいお姫さま」と言われています。
しかし、今までどこがどうかわいいのか、アディ姫は聞いたことがありませんでした。
ある日、アディ姫は、パーティで出会った王子に長いまつげをほめられます。
うれしくなったアディ姫は、まつげをどんどんのばし始めるのですが……思わぬ展開に!?
読みきかせに最適の、楽しい絵本。
「アディ姫のパチパチまつげ」は遊絲社から発行された出来立てほやほやの絵本です。

heart04 アマゾン 「アデイ姫のパチパチまつげ」作 ゆうせん あつこ 絵 たかがき みよこ
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E5%A7%AB%E3%81%AE-%E3%83%91%E3%83%81%E3%83%91%E3%83%81%E3%81%BE%E3%81%A4%E3%81%92-%E3%82%86%E3%81%86%E3%81%9B%E3%82%93-%E3%81%82%E3%81%A4%E3%81%93/dp/4946550437/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1418731948&sr=8-1&keywords=%E9%81%8A%E7%B5%B2%E7%A4%BE



   お気に入りましたらhappy01 応援 happy01のクリックお願いしますね
    ↓ down
   happy01 人気blogランキング

   

|

« ■ 世界中がやめたリニアに日本だけがしがみつく異常 | トップページ | ☆ 絵本「アディ姫のパチパチまつげ」の作家ゆうせんあつこさん&画家たかがきみよこさんをお迎えして(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

童話 絵本」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481082/58290111

この記事へのトラックバック一覧です: 絵本「アディ姫のパチパチまつげ」の作家ゆうせんあつこさん&画家たかがきみよこさんをお迎えして(1):

« ■ 世界中がやめたリニアに日本だけがしがみつく異常 | トップページ | ☆ 絵本「アディ姫のパチパチまつげ」の作家ゆうせんあつこさん&画家たかがきみよこさんをお迎えして(2) »