« 遊絲社で出版した「心が折れそうな嫁が読む本」がフェミニズムの部で1位です!6/12日 | トップページ | 藤本義一先生が司会をしていた11PMに広瀬隆氏が出演したとき原発を告発した »

日本がどうしても「もんじゅ」を諦めない理由、それは「核兵器を造る」・・です!

玲子のフェイスブック友達のリュウちゃんが、またまた「小出裕章 原発と9条」を、ブログで取りあげて下さいました。
リュウちゃんは、heart04「リュウちゃんの懐メロ人生」という素敵なブログを制作しています。
音楽だったらなんでもあります、歴史や花のこと、盛りだくさんで人気のあるブログです
「リュウちゃんの懐メロ人生」はここを見てね down
http://plaza.rakuten.co.jp/0511katutyan/diary/201306120000/?scid=we_blg_tw01

(1)高速増殖炉
(小出裕章氏)燃えるウラン(U235)は、利用出来る天然ウランの僅か0,7%しか含まれていません。資源として、すぐに枯渇することは目に見えています。
そこで原子力を推進する人たちは、(長崎型原爆と同じように)天然ウランの99,3%を占める燃えないウラン(U238)をプルトニウムに変換し、これをエネルギーとして原発を動かそうと考えました。それを実現するのが「高速増殖炉」です。
高速増殖炉とは、燃やしたプルトニウム以上のプルトニウムを新たに作り出すという「魔法」のような原子炉です。

(リュウちゃん)高速増殖炉の「燃料転換率」は、理論的には、1,24〜1,29倍とされています。つまり、1トンのプルトニウムが高速増殖炉によって新たに1,24〜1,29トンのプルトニウムを産出するということになります。因みに、「もんじゅ」の転換率は1,2倍とされています。

まるで錬金術だ、

「夢の原子炉」と云われているが、bomb「悪夢の原子炉」bombだ!

(小出氏)原子力を推進しようとする人たちは、最初からウランの埋蔵量が極めて少ないということを知っていました。世界でいちばん初めに電気を起した原子炉は高速増殖炉だったのです。

Koidehatanaka

(リュウちゃん)世界で初めての高速増殖炉(実験炉)は、アメリカのクレメンタインです(1946年臨界、1952年閉鎖)、この年に公開されたジョン・フォード cryingの西部劇「荒野の決闘」のヒロイン coldsweats02 と同じ名前です。
この映画の有名な主題曲「いとしのクレメンタイイン」を以下に貼り付けます。
http://www.youtube.com/watch?v=NpyvoIdzZGI

(小出氏)アメリカを始め、フランス、イギリス、ソビエト、日本などの世界中の原発先進国が高速増殖炉を造ろうとしていました。しかし、まったくうまく行かず、計画は全てつぶれてしまいました。

(リュウちゃん)原発先進国の中で、未だに高速増殖炉の開発を計画しているのは、フランスとshock 日本だけ cryingです。しかし、原発新興国の中国、インド、韓国では、高速増殖炉を造る計画があります。

(2)核燃料サイクル
(小出氏)高速増殖炉で、どんどんプルトニウムを増殖させる、それを高速増殖炉用の燃料の再処理工場で分離して、加工したプルトニウム以上の量のプルトニウムをまた作る。これを「核燃料サイクル」といいます。一度このサイクルが回れば、あとは自前でこのサイクルは回り続け、どんどん燃料のプルトニウムが増えていく、つまり資源になっていきます。

(3)日本の高速増殖炉「もんじゅ」
(小出氏)日本には、琵琶湖の北の敦賀市に「もんじゅ」という高速増殖炉があります。「もんじゅ」は「高速増殖炉の原型炉」で、商業炉ではなく、あくまでも商業用の前段階の「実験炉」に過ぎないのですが、実は稼働させることがとてつもなく難しい原子炉なのです。原発先進国のアメリカ、イギリス、旧ソ連、フランスなども、何とか高速増殖炉を実用化させようとしたのですが、全て潰れてしまいました。
日本で高速増殖炉の計画が初めて出て来るのは、1967年の「第3回原子力開発利用長期計画からです。その時には、1980年代前半に実用化するとされていました。実用化とは、実験炉の「もんじゅ」のことではなく、商業用の高速増殖炉日本中に幾つも建設され、発電している状態を指します。
ところが、この「実用化計画」(立案は原子力委員会)は、以下のようにどんどんずれ込んで行きます。
★    1970年初頭の長期計画→「1990年前後に実用化する」
★    1970年代後期の長期計画→「2000年前後に実用化する」
★    1980年代前半→「2010年に実用化」
★    2000年→実用化の年度の数値を示せなくなった。
★    2005年「原子力政策大綱」→「2050年に1基目の高速増殖炉を動かしたい」
つまり、10年経つと、実用化計画は20年先に逃げていく。
これでは永遠に実用化は不可能です。

(玲子)
長崎に落とされた原爆は「プルトニュウム」爆弾です。
高速増殖炉は、なんと性能の高い長崎型原爆の材料を作り出すものだったのですね。

Koidehon



heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0-%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A8%E6%86%B2%E6%B3%959%E6%9D%A1-%E5%B0%8F%E5%87%BA-%E8%A3%95%E7%AB%A0/dp/4946550313/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1330959821&sr=8-1

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで
http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」
http://www.yuubook.com/center/hanbai/syoseki_syousai/syousai_genken9.html


   お気に入りましたらbud 応援 budのクリックお願いしますね
    ↓ down
   bud 人気blogランキング

  

|

« 遊絲社で出版した「心が折れそうな嫁が読む本」がフェミニズムの部で1位です!6/12日 | トップページ | 藤本義一先生が司会をしていた11PMに広瀬隆氏が出演したとき原発を告発した »

原爆」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481082/52037685

この記事へのトラックバック一覧です: 日本がどうしても「もんじゅ」を諦めない理由、それは「核兵器を造る」・・です!:

« 遊絲社で出版した「心が折れそうな嫁が読む本」がフェミニズムの部で1位です!6/12日 | トップページ | 藤本義一先生が司会をしていた11PMに広瀬隆氏が出演したとき原発を告発した »