« ☆ 心斎橋大学受講生募集 ☆ | トップページ | ■ドイツの新聞が「日本の原発政策進展が見られないのは『しょうがない』と諦めるからでは」と報道! »

■ドイツの闘いも、終わっていない『ブロークドルフ』 ドイツ反核運動の象徴 カマ吉さんより

玲子のお友達、ドイツのカマ吉さんから貴重なドイツの原発反対の情報をいただきました。
日本は、あれだけの大きな事故を福島で起こしているのに、大飯原発は再稼働! 原発新設まで持ち出す厚顔ぶりです! 
呆れます!!

thunder[25 万人同時多発デモ、2度にわたる州選挙での現連立与党政党の敗北など、国民・世論の強い反原子力のうねりが、
6月の、新たな脱原子力政策を成立させたと言って過言ではありません。]
と、カマ吉さんは書いておられます。

impact『まったくその通りですね。
今年の7月の選挙で、脱原発、そして、憲法9条を守る人たちを選ばなくては、悲惨なことになると思います。
あの福島からも、広島、長崎の原爆からも、そして第二次世界大戦の結果からも
私たちは何も学ばなかったということになるのではないでしょうか!!』punch

club【以下はカマ吉さんの文章とドイツのブロークドルフ原子力発電所の画像です】

ドイツの闘いも、終わっていない
『ブロークドルフ』 ドイツ反核運動の象徴

ドイツ北部、エルベ川の美しい風景がつづく小さな村に、白い巨大建造物が異様な光景として目に入ってきます。ドイツ反核運動のシンボルとも言われる、ブロークドルフ原子力発電所です。

ここでは1976年の建設開始以来、激しい抗議が繰り広げられ、建設中止と再開を繰り返しました。1986年のチェルノブイリ原発事故の後、世界で最初に営業運転をした原発でもあります。
...
長い論争と闘争のすえ2000年、中道左派連立与党が脱原子力法案を可決したものの、2010年秋、現メルケル政権が、稼動期間延期政策を強行しました。そこに、3.11福島原発の事故。同14日にドイツ全原発の点検指示がされました。

そして、25万人同時多発デモ、2度にわたる州選挙での現連立与党政党の敗北など、国民・世論の強い反原子力のうねりが、6月の、新たな脱原子力政策を成立させたと言って過言ではありません。

Kamakitirokudoruhugenpatu

こうしてようやく2022年までに脱原子力になりましたが、最終処理場の問題が解決していませんし、いまだ原発も止ってはいません。そして、ブロークドルフ原子力発電所は2021年12月まで稼動する予定です。

37年間、抗議活動を続けてきた地元乳牛農家のレナーテさん、ウーべさんご夫妻は、「私たちは、いたって保守的な人間で、普通の平穏な日々を過ごしていました。あの時までは...」と、原発建設が始まった当時のことをふり返り、今でも、一刻も早い停止・廃炉を訴えて続けています。ドイツの闘いも、終わっていないのです。

KAZE to HIKARI. 13016
関連資料もどうぞ:
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/03/post-15.html
★このページの「いいね」を押すと毎回、あなたに配信されます
http://www.facebook.com/KAZEtoHIKARI
著者:Takako Kamada
http://www.facebook.com/Aneyan

heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」



   お気に入りましたら flag応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング

|

« ☆ 心斎橋大学受講生募集 ☆ | トップページ | ■ドイツの新聞が「日本の原発政策進展が見られないのは『しょうがない』と諦めるからでは」と報道! »

ニュース」カテゴリの記事

原爆」カテゴリの記事

原発」カテゴリの記事

憲法」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481082/50840073

この記事へのトラックバック一覧です: ■ドイツの闘いも、終わっていない『ブロークドルフ』 ドイツ反核運動の象徴 カマ吉さんより:

« ☆ 心斎橋大学受講生募集 ☆ | トップページ | ■ドイツの新聞が「日本の原発政策進展が見られないのは『しょうがない』と諦めるからでは」と報道! »