« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

☆ パリジェンヌとズボン ☆

溝江玲子「ももっちおばちゃんのラジオお昼便」FMわぃわぃ放送は、
ズボンを女性が自由にはくという「権利」も昔はなかったと知って、吃驚したお話です。

クリックして聞いて下さいね heart01

http://www.youtube.com/watch?v=tsSzfwbeUME


女性がズボンをはくという、そんなことさえ「ままならない時代」があったんですねえ、と妙に感心させられた記事を読みました。
それは、
[ ファッションの都、パリの女性たちが、やっと安心してズボンをはけるようになった。
フランスのナジャット・バロベルカセム女性権利相(35)は2月5日までに、
「パリジェンヌにズボンの着用を禁止する」という200年以上前の1800年に施行された
条例について、無効を宣言した。フランス通信(AFP)などが伝えた。]
というものです。

女性の権利という面では、今では当たり前に持っている選挙権でさえ、
女性が手にすることができたのは、1945年(昭和20年)だったのですね coldsweats02

そして男子にしたって、満25歳以上の男性全員に選挙権が与えられたのが、
1925年(大正14年)だったのです。

heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0-%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A8%E6%86%B2%E6%B3%959%E6%9D%A1-%E5%B0%8F%E5%87%BA-%E8%A3%95%E7%AB%A0/dp/4946550313/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1330959821&sr=8-1

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで
http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」
http://www.yuubook.com/center/hanbai/syoseki_syousai/syousai_genken9.html


   お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ドイツの新聞が「日本の原発政策進展が見られないのは『しょうがない』と諦めるからでは」と報道!

■ドイツの新聞が「日本の原発政策進展が見られないのは『しょうがない』と諦めるからでは」と報道 sign03
 ドイツのお友達からの情報によりますと、
ドイツの新聞は、福島であれだけの大事故が起りながら、原発政策に進展が見られないのは、
「Shouganai・ショーガナイ」という諦めが早い日本だからではという記事を掲載したということです crying

☆ ドイツのお友達、カマ吉さんの記事 ↓
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
コメントをくださったみなさん、ありがとうございます。記事を担当させていただいた Kamadaです。
福島第一の事故から一年がたった2012年3月に、ドイツで最も多信頼を得ていると言われる新聞が、
原発政策で進展が見られない日本の状況を、「Shouganai」という日本語をテーマに綴ったことは、ご存知の方も少なくないかと思います。
結果が出なくても格闘し続けるタイプの多いドイツでは、そんな日本の状況が簡単には理解されなかったため、
「Shouganai」という諦めの精神が説明される必要があったのではないかと推測します coldsweats02
普段なら、「しょうがない」と諦めることも可能かもしれません。
しかし、原発問題に関しては、諦めることはできません。「命」を守るためには、
原子力との共存は不可能だからです shock
みなさんも諦めず、どうぞ共に頑張りましょう。

☆ 3月19日の「童話&絵本」ブログの記事の続きです ↓
■ドイツの闘いも、終わっていない『ブロークドルフ』 ドイツ反核運動の象徴
http://reiko-mizoe.cocolog-nifty.com/blog/2013/03/post-4abd.html

                           カマ吉さんより
 KAZE to HIKARI. 13016
関連資料もどうぞ:
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/03/post-15.html
★このページの「いいね」を押すと毎回、あなたに配信されます
http://www.facebook.com/KAZEtoHIKARI
著者:Takako Kamada
http://www.facebook.com/Aneyan

impact このドイツの信頼される新聞に掲載された記事を読んで、皆さんはどう思われるでしょうか!
こんなことでは「しょうがない・ショーガナイ」の日本語が国際語になる日も近いかも分かりません、、、weep
「過労死・カローシ」というような、普通では考えられない言葉が国際語として通用する日本は恥ずかしいと思います coldsweats02
原発はぜひとも廃炉にしなければなりません。
廃炉にしてからも放射能は出続けるのですが、ともかく、第一歩として原発ゼロを実現したいものです。
私も諦めないで頑張ります、一緒に頑張りましょうね sign03

Koidehon

heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」
http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0-%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A8%E6%86%B2%E6%B3%959%E6%9D%A1-%E5%B0%8F%E5%87%BA-%E8%A3%95%E7%AB%A0/dp/4946550313/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1330959821&sr=8-1

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで
http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」
http://www.yuubook.com/center/hanbai/syoseki_syousai/syousai_genken9.html


   お気に入りましたら flag応援flag のクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ドイツの闘いも、終わっていない『ブロークドルフ』 ドイツ反核運動の象徴 カマ吉さんより

玲子のお友達、ドイツのカマ吉さんから貴重なドイツの原発反対の情報をいただきました。
日本は、あれだけの大きな事故を福島で起こしているのに、大飯原発は再稼働! 原発新設まで持ち出す厚顔ぶりです! 
呆れます!!

thunder[25 万人同時多発デモ、2度にわたる州選挙での現連立与党政党の敗北など、国民・世論の強い反原子力のうねりが、
6月の、新たな脱原子力政策を成立させたと言って過言ではありません。]
と、カマ吉さんは書いておられます。

impact『まったくその通りですね。
今年の7月の選挙で、脱原発、そして、憲法9条を守る人たちを選ばなくては、悲惨なことになると思います。
あの福島からも、広島、長崎の原爆からも、そして第二次世界大戦の結果からも
私たちは何も学ばなかったということになるのではないでしょうか!!』punch

club【以下はカマ吉さんの文章とドイツのブロークドルフ原子力発電所の画像です】

ドイツの闘いも、終わっていない
『ブロークドルフ』 ドイツ反核運動の象徴

ドイツ北部、エルベ川の美しい風景がつづく小さな村に、白い巨大建造物が異様な光景として目に入ってきます。ドイツ反核運動のシンボルとも言われる、ブロークドルフ原子力発電所です。

ここでは1976年の建設開始以来、激しい抗議が繰り広げられ、建設中止と再開を繰り返しました。1986年のチェルノブイリ原発事故の後、世界で最初に営業運転をした原発でもあります。
...
長い論争と闘争のすえ2000年、中道左派連立与党が脱原子力法案を可決したものの、2010年秋、現メルケル政権が、稼動期間延期政策を強行しました。そこに、3.11福島原発の事故。同14日にドイツ全原発の点検指示がされました。

そして、25万人同時多発デモ、2度にわたる州選挙での現連立与党政党の敗北など、国民・世論の強い反原子力のうねりが、6月の、新たな脱原子力政策を成立させたと言って過言ではありません。

Kamakitirokudoruhugenpatu

こうしてようやく2022年までに脱原子力になりましたが、最終処理場の問題が解決していませんし、いまだ原発も止ってはいません。そして、ブロークドルフ原子力発電所は2021年12月まで稼動する予定です。

37年間、抗議活動を続けてきた地元乳牛農家のレナーテさん、ウーべさんご夫妻は、「私たちは、いたって保守的な人間で、普通の平穏な日々を過ごしていました。あの時までは...」と、原発建設が始まった当時のことをふり返り、今でも、一刻も早い停止・廃炉を訴えて続けています。ドイツの闘いも、終わっていないのです。

KAZE to HIKARI. 13016
関連資料もどうぞ:
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/03/post-15.html
★このページの「いいね」を押すと毎回、あなたに配信されます
http://www.facebook.com/KAZEtoHIKARI
著者:Takako Kamada
http://www.facebook.com/Aneyan

heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」



   お気に入りましたら flag応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

☆ 心斎橋大学受講生募集 ☆

 こんにちは。
心斎橋大学の児童文学コースを受け持っている溝江玲子と申します。

shine 心斎橋大学受講生募集 shine

cherryblossom 児童文学は、今や子どもだけでなく、大人たちが新シリーズを待ち望んでいます。
また児童書は、かくれた大人のベストセラーとなっています。
このコースでは、児童書独自の手法、ストーリー展開、リズムなどを学びながら、
3年後には一冊の本を制作することをゴールとするコースです。

あなたは「いつか自分も絵本作家に、そして児童文学作家になりたい」と思っていますね。
「思うことは、もう半分の道のりを来たと同じこと」 という名言があります。
しかし、ただ思っただけではその思いは実現しません。
私が思い立って心斎橋大学の門をくぐったのは26年前のことです。
それが私の作家への道を切り開きました。
心大の専門コースは小人数で専門的な講義を受けられるクラスです。
大学院に進むと心大出版から本を出版することができます。

卒業生の中からはいろいろな部門で活躍されている人材が豊富に育っています。
それは現役の作家が現実に即した実作中心の授業をするからです。
そういう授業だからこそ、皆さんはプロの技術を学び取ることができるのです。

              児童文学コース 溝江玲子
Reikosamutanhon

cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom 児童書主任講師 溝江玲子 cherryblossom cherryblossom cherryblossom cherryblossom

* 心斎橋大学
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/
* 児童文学 主任講師 溝江玲子
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/index/p6
* アクセス
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/index/page13



heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」



   お気に入りましたら flag応援flag のクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「何でも挑戦してやろう!」なんて大層なこと言っちゃいましたが (^O^)

「何でも挑戦してやろう!」なんて大層なこと言っちゃいましたが happy01

こんにちは
メルマガ発行して、続くかどうか心配していましたが、280回を越えることができました。
メルマガは個人新聞のようなものですから、文化面、政治面、日々雑感、お知らせなどを載せております pencil
無料メルマガでございます。
どうか下のアドレスからお申し込み下さいませ coldsweats01
http://www.mag2.com/m/0000098723.html

応援よろしくお願いいたします heart04

heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」


   お気に入りましたら flag応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

■ 水爆実験の爪痕(つめあと)ユーチューブアップ

impact 水爆実験の爪痕(つめあと)ユーチューブアップ impact

3月1日はビキニデーでいろんな行動が取り組まれました。
今日は「水爆実験の爪痕」をユーチューブで取り上げます。
 
http://www.youtube.com/watch?v=38Oab-NKT_g

水爆実験の爪痕(つめあと)

* アメリカはマーシャル諸島1964年〜1958年67回の核実験を行っていて、
なんと、広島・長崎に原爆を投下した1年後の、1946年7月に史上4番目の原爆を、中部太平洋マ−シャル諸島の、ビキニ環礁で爆発させてるのです。
以後13年間にビキニ、エニウェトクの二つの環礁で67回の核実験。
そして、
1回目の水爆実験は、1954年3月1日午前3時42分(日本時間)ビキニ環礁でなんです。

爆心地から160キロの場所でマグロ漁をしていた第五福竜丸も被曝しました。

「西から太陽が昇ったぞ!」と

叫んだような情景が目の前で起ったわけです。
これは、ヒロシマ・ナガサキ以外の3度目の被曝です。

実験で使われたのはブラボー爆弾、ブラボーって称賛の意味ですよ。
広島型原爆の千倍の威力を持つ爆弾。いったいどこに使うつもりなのかと思います shock
史上最大の15メガトン!
広島原爆の1,000倍のウルトラ水爆。
周辺海域で操業中のまぐろ漁船、第五福龍丸など日本の漁船1,000隻が被曝しました。

* 第五福龍丸の通信員、久保山愛吉さんは亡くなります。
そして
この水爆実験放射能を含んだ珊瑚の粉がロンゲラップ島中に降り積もったんです。
雪のような珊瑚の白い粉は「死の灰」。激しい嘔吐、皮膚の炎症、脱毛などの急性放射能障害が島民を襲うのです。

* 【3年後、「安全宣言」1957年】が出されまして、それを信じて、実験当時島にいなかった島民も一緒に島にかえりました。
しかし【残留放射能で島は住める状態ではなかった】んですね。

実験当時島外で放射能を浴びなかった人も、汚染されたヤシガニやパンの実、魚などの食物などを通じて【内部被曝】をしてしまうのです。
これまで掛かったことのないような病気になってしまうのです。
【流産などの異常出産、甲状腺ガンや白血病で次々に斃れるのです】
* 1985年、ロンゲラップ島民は故郷を離れます。
200km離れたクワジェレン環礁のメジャット島に脱出します
* 実験のときロンゲラップ島の村長をしていたジョン・アンジャインさんは被曝者の記録をつけています。1冊のふるぼけたノートには当時の被曝者86人の名前が記されています。

アメリカ被爆者の調査はするが治療はしないと言います。
具合が悪いと訴えても毎回、血を採られ、髪の毛を採るだけ。
広島でのことを肥田舜太郎先生に聞いたアメリカのABCCとそっくり同じです。

メジャットの島民はみな「ロンゲラップに帰りたい」。故郷に帰りたいと思うのです。
* 1954年から約60年、でもジャングルには高い放射能が残っていて、いまだに帰ることができないのです。

この話で思い出されるのは、わが遊絲社(ゆうししゃ)で出版しました
club ポナペ島の海は青くーあの星は遥かふるさとの空にもー club  です。

Hon_ponape_l  

ポナペ島で生まれたヤシオ君は、第二次世界大戦、戦後日本にやってきます。
その時の話はまた後日しますが、
ヤシオ君が 35年ぶりに帰ったポナペ島の中の、ある村を通ると、そこの感じが全然違うのです。
水爆の実験でビキニ島へ住めなくなった人たちが住んでいるのです。
「ビキニの人たちの村」は、みんなけだるそうで活気がない。
あの美しい青い海が、核実験で汚されてしまっている。
人も魚も木も病気になり、草も枯れてしまった。
とヤシオ君は書いています。

shine「ポナペ島の海は青く」ーあの星は遥かふるさとの空にもーshine
http://www.yuubook.com/center/hanbai/kodomohon_syousai/syousai_ponape.html
(* 注 アマゾンでは絶版になっています)
遊絲社にどうぞ直接お申し込み下さい。

heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」



   お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓down
   flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小出裕章さんに会いにいってきました2月28日

shine 小出裕章さんに会いにいってきました shine2月28日
京大原子炉実験所の小出裕章先生のインタビューに総勢5人が伺いました。
Kaze to Hikariの代表 高橋仁也さん、かがみ道子さん、ドイツからいらしたカマ吉さんなどの3人、それにぽぽんぷぐにゃんさんとわたくし溝江玲子です。
その内容を、高橋仁也さんがKaze to Hikariのブログに書いて下さっています。
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/03/post-9.html

fullmoon 高橋 仁也さんから記事の一部を頂きました、ありがとうございます。
また、遊絲社の「原発と憲法9条」小出裕章 著を紹介して下さっています happy01

impact「原子炉は、発電のためではない」(小出先生のインタビューから)

小出 「みなさんは、原子炉は発電のための道具だと思われているかもしれませんが、日本が原子力をはじめたのは原爆をつくるためにプルトニウムが欲しかったからです」
(続きは、Kaze to Hikariのブログをご覧下さいね)
http://www.kaze-to-hikari.com/2013/03/post-9.html

小出 「米国は原爆をつくるために原子炉を山ほどつくって、ところが今度は重荷になってきた、そこで今度は技術を海外に売って金儲けをしたくなった。日本なら中国に対する牽制にもなるし、さらに日本がアジアへ販売すると米国にはパテントビジネス(特許権)で金が入るのです」

Koidekazeyama

 

Popon2
小出裕章さんにお話をきく。-1「核廃棄物と原爆について。」2013.02.28 
http://www.youtube.com/watch?v=HQDImfZiW5A

参考文献:『原発と憲法9条』小出裕章著 遊絲社1400円

多数の小出先生の著書の中でも、特にアメリカの軍事目的である原子力政策と戦後日本との関わりについて正面から論じられたもの。原子炉とは何か、再処理とは何かを、発電ばかりから議論しがちな私たちに、明快に軍事目的と技術的に論証している。原発問題には必須の一冊。

参考文献として『原発と憲法9条』小出裕章著 遊絲社をお取り上げ下さいましてありがとうございます。
Koidegunnjiuran

応援よろしくお願いいたします happy01



heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

Koidehon

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」

お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

隕石落下、世の中何事が起るか分かりません

こんばんは。
溝江玲子「ももっちおばちゃんのラジオお昼便」FMわぃわぃ放送のユーチューブ、初デビューです。
自力でユーチューブアップするのに四苦八苦、
昼過ぎからはじめたのに夜中を過ぎて、
やっとのことでアップできました! 感激です happy01
といっても、実は次男の奮闘のおかげなんです、、
では、過日放送されました「隕石落下、世の中何事が起るか分かりません」を
お聞き下さいね coldsweats01

http://www.youtube.com/watch?v=wu1jZ9j1oxU&feature=player_embedded



「隕石落下、世の中何事が起るか分かりません」


   お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね

    ↓ down
   flag 人気blogランキング


heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

diamond  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »