« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »

2012年12月

ゴールド免許の更新に行ってまいりました

ゴールド免許の更新に行ってまいりました。無事故無違反、だからといって全然乗っていなくてのゴールドじゃありません。ちゃんと乗っていますとも、2000CCの車です。でも荷物の重たい時とかに限って乗って、出来るだけ歩くようにしています。
そうです、夫が大腿骨を骨折しなきゃ、車乗るとも考えていませんでした。だから車を持ってなかったんです。ひょんなことから車を貰ったので、、、、present

(初めのところをちょっとご紹介)happy01
芳紀66歳
自動車学校てんやわんやのてんまつ記(1)

「えっ、ホントですか!」と私は叫んでいた。夕食の支度をしている時に鳴った電話。
その電話が、すべての始まりだった。電話の女の人は、夫が道路で倒れていると言うのであった。
「ご主人にお電話番号をお聞きして、掛けているんです」
「すみません、ありがとうございます」と電話を切るなり、私は家から駆けだした。

Jidousyahon

夫が倒れているのは、家から出て右へ曲がり、ゆるやかに下り坂になっているところを100メートルばかり行ったところだと聞いたからである。駆けていって、ほんの5分のところだ。もう仄暗くなっている道を私は駆けていった。
実はその次ぎの日、私は北海道へ飛び立つことになっていた。飛行機の切符も予約済みだ。というのは北海道は静内から、講演を依頼されていたからである。
夫は酔い止めの薬がないというので、自転車に乗って出掛けたのであった。私が、「薬なんか飛行場の売店で売っているからいい」って言ったのに……。そうして、自転車で転倒したのだ。crying
病院に運ばれた夫は、なんと、左大腿骨を3カ所も骨折していたのであった。それが木曜日の晩で、手術は月曜日と決まった。骨の代わりを勤める金属を夫の体に合わせたものを、注文するからなのだ。手術は月曜日だと医者から聞いて、良かったと思ったのが本当の気持ちだった。
「すみません、明日からいないのですが」と私は医者に言った。
「それは大丈夫です。しかし、手術の時は来られますか?」
「手術は月曜日なのですね、日曜日の夕方には来ることができます」
「それならいいでしょう」
冷たいようだが、もし私がいなくても良いのであれば、北海道の講演には行くつもりだった。向こうさんだって、急なキャンセルは困る。
私は、翌日、北海道へ飛び立った。

アマゾンはこちらから
http://www.amazon.co.jp/%E8%8A%B3%E7%B4%8066%E3%81%95%E3%81%84%E8%87%AA%E5%8B%95%E8%BB%8A%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E3%81%A6%E3%82%93%E3%82%84%E3%82%8F%E3%82%93%E3%82%84%E3%81%AE%E3%81%A6%E3%82%93%E3%81%BE%E3%81%A4%E8%A8%98-%E6%BA%9D%E6%B1%9F-%E7%8E%B2%E5%AD%90/dp/4880238929/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1356533989&sr=8-1

遊絲社(ゆうししゃ)の「自動車学てんやわんやのてんまつ記」はここを見てね。
http://www.yuubook.com/center/hanbai/syoseki_syousai/syousai_houki66.html

Jidousyahon

   お気に入りましたら flag応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   人気blogランキング
   


heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」


diamond bk1 「小出裕章 原発と憲法9条」


club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで


fullmoon  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鼻から胃カメラ

バリュームを飲んで胃の検査をしてきました。病院は時間が取られるからかなわないと思いながらです。しかし昨年検診をやっていないので、迷いながらも必要かなと思って受けました。
バリュームは最近は味がついているので飲みやすく割合楽です。coldsweats01
しかし、胃のレントゲン検査で何らかの異常がみつかると、次に胃カメラの検査が待っています。
いらない→そうそう、それで思い出したことがあります。
10年程前だったか胃に出血が見られるからと胃カメラ飲んだことがありました。いや、もう、辛かったのなんのって、涙は出るは、鼻汁は垂れるは、よだれは出るは、横向きで胃カメラ口に入れられるのですがタオルを敷いている上はぐっしょりで、「早く終わって〜!」と心の中で叫んでいました crying  もう二度と胃カメラだけは飲みたくない、もう絶対に飲まないからと思いました。
今回も、もしかして胃カメラを飲むことになるとはイヤだな〜と気が重くなっていました。

heart04 ところが、耳寄りな情報をいただきました。(フェイスブック友達の葛西敦子さんから)
これは、葛西敦子さんのフェイスブックから引用させていただいたものです。
☆☆shine できれば避けたいけど、どうしても・・・という時に、私の経験上おススメなのは「鼻から入れる胃カメラ」です。数年前にバリウムの後「要・精密検査」という結果が出てしまった時に「少しでもマシな方法はないか」と探し求め、まだ数少なかった「鼻から」の胃カメラにしました。
当たり前ですが、鼻の片方と口が塞がれてないので、息苦しさも殆どないし、何より喋るのにも何のストレスもなく、お医者サンとの会話も楽チン!
「ほ〜これが私の胃ですか」
「いや、まだ食道から胃に入りかけてるトコ」
「ふうん・・・」なんて感じで、ミクロ決死隊(ご存知かしら?不安〜)の気分も味わえました。最近では受けられる病院もずいぶん増えてるようです。shine☆☆

これは朗報!happy01
なるほど、そんな楽ちんな方法があるのですね。初めて知りました。こういうところに医学が発達してくれるのはありがたいことですね。
「鼻から胃カメラ入れると、くしゃみが出たらと大変」。でもこれは冗談です。ミクロ決死隊というのはアメリカの映画ですかね。葛西さん有益は情報をありがとうございます。



   お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング
   


heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」


diamond bk1 「小出裕章 原発と憲法9条」


club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで


fullmoon  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

新刊情報『心が折れそうな嫁が読む本』姑と暮らすシンプルな習慣

shine フェミニスト・コーチング大阪の守帰朋子さん shineが、遊絲社(ゆうししゃ)から『心が折れそうな嫁が読む本』姑と暮らすシンプルな習慣を
出版いたしました。happy01 

Yomehon

嫁姑問題は、古くて新しいテーマ。

この長寿高齢社会で生きる嫁と姑。
価値観も文化も違う二人の間で起きるカルチャーショックや
トラブルの数々……
「できすぎた嫁」にも「鬼嫁」にもならないコミュニケーションの技を教えます!

本書を手に取られたあなたは、
真面目で、感受性が豊かで、気遣いができる心優しい方でしょう? 
そんなあなたは、こんなことを思ったことがありませんか?

姑の小言のせいで、自分に自信がなくなってきた。
こんなに気を遣っているのに「気が利かない」と言われる。
他のきょうだいみたいに「NO!」と言えたら、ラクなんだけど。
たまに来て、プチ親孝行する人たちにヒトコト言ってやりたい!
夫は他人事みたいな顔をして頼りにならない。
「上手に甘えたほうがトク?」って、別にトクしたいと思わないけど。
「賢い嫁」「よくできた嫁」と言われ都合よく使われるって、おかしくない?

アマゾンで予約販売開始 heart04

heart アマゾンで発売

club 遊絲社(ゆうししゃ)で発売


嫁姑問題は、本当に古くて新しいテーマですね。
守帰朋子さんは、身近な問題を分かりやすく、自分に引き寄せて書いておられます。
嫁とか姑とかに限らず、flair 人間関係全般に渡って参考 flairになる本です

皆さま、どうか手に取って下さいませ。



   お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
    ↓ down
   flag 人気blogランキング


heart  アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

diamond bk1 「小出裕章 原発と憲法9条」

club  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで

fullmoon  遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年11月 | トップページ | 2013年1月 »