« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

ミュージカル鬼童子(おにわらし)アンコール公演、5/6(日)大阪歴史博物館に決定

 

shine ミュージカル鬼童子(おにわらし)アンコール公演が
         2012年5月6日(日)大阪歴史博物館に決定 shine

雷鳴と共に落ちてきた鬼の子どもの鬼童子(おにわらし)typhoon
人間の子どもケンちゃんと出会って友だちに!
そしてケンちゃんの家に連れて帰ってもらうのですが、
鬼童子が見えるのはケンちゃんだけ。

A822tomodati

レッスン風景

そして事件が……。
泣きながら妖精の国に迷い込んだ鬼童子。
そこで梅の精、月の精も現れて、鬼童子にケンちゃんが探し回っていると告げます。

A822tuki_2

レッスン風景


カッパが出現して、人間は怖いと大騒ぎ。

A822kapa

レッスン風景

人間と自然との関わりが静かに深く染み入って感動を呼ぶミュージカルをお楽しみ下さい。

 

heart 上演日:5/6日(日)
   開場:午後1時30分
 上演時間:午後2時〜3:20時

会場:club 大阪歴史博物館(NHK隣)講堂(4F)
    大阪市中央区大手前4丁目1番32号
      地下鉄谷町線「谷町4丁目駅」2番出口/
    地下鉄中央線「谷町4丁目駅」9番出口

作詞 山路洋平・平田桜子 作曲 豊田光雄 歌唱指導 森川和男 脚本・演出 溝江玲子
監督 北尾利晴 伴奏 米澤明子・吉川裕理子 振付 南想子・山崎芳枝 衣装 平田桜子

   料金 一 般:2,500円  
      子ども:1,500円(5歳〜小学2年生)

              diamond 劇団・縁日座
               チケットのお求めは 0743-52-9515 溝江玲子
                         090-1701-3191

   お気に入りましたら flag 応援 flagのクリックお願いしますね
   ↓ down
   flag 人気blogランキング flag

| | コメント (2) | トラックバック (0)

☆ ならどっとFMから「コドモタチと関わる仕事」について取材を受けました ☆

☆ ならどっとFMから「コドモタチと関わる仕事」について取材を受けました ☆

こんにちは、溝江玲子です。
ならどっとFMから「コドモタチと関わる仕事」について取材を受けました。
奈良文化女子短期大学生の可愛いお二人が、色々と聞いて下さいました。
様々な子どもと関わる仕事の生きた情報を得て、それをラジオ番組にすることで、
幼児教育に役立てたいということです。
言葉を話す難しさや、言葉を伝える楽しさも経験していきます。
お二人とも、地域の放送の勉強中なのです。

どうして童話作家になったのかなど、小さいころの思い出とともに
話をさせていただきました happy01

また今年は、ミュージカル「鬼童子(おにわらし)」アンコール公演を
する予定ですので、ミュージカルのことも話題になりました shinenote

中身はまだ秘密、「ならどっとFM」を聞いて下さいね heart04
「ならどっとFM」は、club 78・4MHz club
放送日時は、2012年
2月21日(火) 夜 7:00〜
再放送は、
2月25日(土) 夜 9:00〜

奈良の皆さま、聞いて下さいね♪
よろしくお願いいたします。

   お気に入りましたら flag 応援 flag のクリックお願いしますね
   ↓ down
   flag 人気blogランキング flag


| | コメント (0) | トラックバック (0)

心斎橋大学26期生の募集しています!

   

club 心斎橋大学26期生の募集しています! club

心斎橋大学とは、総長の藤本義一を筆頭に、現在活躍中の日本放送作家協会会員他、
現役作家による中身の充実した講義内容を特徴とする、本格派プロ作家養成スクール。
全員、現役作家というところが凄いところだと思います。

あなたは「いつか自分も絵本作家に、そして児童文学作家になりたい」と思っていますね。
「思うことは、もう半分の道のりを来たと同じこと」 という名言があります。happy01
しかし、ただ思っただけではその思いは実現しません。

私が思い立って心斎橋大学の門をくぐったのは26年前のことです。
それが私の作家への道を切り開きました。
心大の専門コースは小人数で専門的な講義を受けられるクラスです。
卒業生の中からはいろいろな部門で活躍されている人材が豊富に育っています。
それは現役の作家が現実に即した実作中心の授業をするからです。
そういう授業だからこそ、皆さんはプロの技術を学び取ることができるのです。
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/index/p6

溝江玲子が担当している児童文学大学院では1年に1冊、本を制作し、
「心斎橋大学出版」から出版しています。pencil
作品に対する講師の助言を受講生が一緒に聞くことにより、
作品というものはどのように仕上げていくのかという実際のやり方を体得することができるのです。
朗読会など発表の場を作ったり、ミュージカルにも挑戦する中で一人の詩人が誕生!heart04 
プロの作曲で今回のミュージカルの中で2曲歌われることになりました。
受講生の活躍の場を作っていくことも私のやりたいことの一つなのです。happy01

  ☆ 児童文学作家&エッセイスト 溝江玲子
心斎橋大学「絵本・児童文学創作」の案内は、こちらをどうぞ!
童話作家への道が開かれています loveletter
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/index/p6

心斎橋大学地図
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/index/page13

心斎橋大学「絵本・児童文学創作」の案内は、こちらをどうぞ!
童話作家への道が開かれています。
http://www.shinsaibashi-daigaku.jp/index/p6


  お気に入りましたら flag 応援 flagのクリックお願いしますね
  ↓ down
  flag 人気blogランキング flag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

放射能汚染瓦礫と産廃とカッパのかーやん

■ 放射能汚染瓦礫と産廃とカッパのかーやん

2011年3月11日に福島の原発事故が起きて以来、
ずっと放射能の問題に関わって参りました。
そして、このたび、原発廃絶を一貫して訴えてこられた、
京大原子炉実験所の小出裕章先生の
club『小出裕章 原発と憲法9条』を出版いたしました。

Hon_genpatuken9

club 本の画像をクリックすると、遊絲社のホームページに移動します

fullmoon 「小出裕章 原発と憲法9条」アマゾンには

heart 「小出裕章 原発と憲法9条」bk1 ビーケーワンには

いま、放射能汚染瓦礫が問題になっています。そして原発立地交付金も。
このことを勉強すればするほど、私が新婦人新聞で連載した
児童文学『カッパのかーやんと金色の災い』で取材した内容が思い出されます。
diamond『カッパのかーやんと金色の災い』のテーマは、産廃問題。
都会で出てくるゴミを山の中に不法投棄するという問題が、
奈良ではずっと続いていて、
そのことを子ども向けの物語にしたのが、
diamond『カッパのかーやんと金色の災い』でした。
この物語の中では、ゴミの不法投棄に反対する村民が出てきます。
夜中にゴミを持ち込む業者を監視するというような活動もしていますし、
業者と戦ってもいます。
「ゴミを持ち込むな」
「ゴミを持ち帰れ」
それが、物語の舞台である天の川村の村民の一致した主張です。
ところが、物語上で、超自然的なあるハプニングがあって、
不法投棄されたゴミの山が黄金に変わるということが起こります。

黄金と化した、ゴミの山。
すると村民は、それまで「持ち込むな、持ち帰れ」
と訴えてきたゴミの山を今度は、自分たち村民の所有物だと言いだします。
一方、ゴミの不法投棄を強行していた産廃業者も、一転、
ゴミの回収を宣言するのでした。
対立はそのままに、主張がそれぞれ180度ひっくり返ってしまうのです。
そして、村民と業者との戦いとはまた別のところに、
言葉を発することができない関係者がいます。

相変わらず生活環境を破壊され続ける土着の生き物たちです。
ゴミが黄金に変わって、彼らの生活環境は悪化する一方なのです。
生きる場を失う弱い生物たちが、物語の中には出てきます。ふくろうや、たぬき。その生き物たちの代表として、カッパのかーやんはいます。

カッパのかーやんシリーズは、基本的に愉快な楽しい物語なので、
ゴミが黄金になったとたんに心変わりしてしまう村民の姿も、
皮肉というよりも、息もつかせぬどたばた劇として描いています。
といいますか、はじめから皮肉の意図はないのです。

ほんとうにかけがえのないもの。
つまり、あまりにも貴重で、繊細で、独特であるが故に、
商品化できないものがこの世にはあるし、
貨幣では計れない価値もこの世にはあると私は信じていますし、
そうした価値基準から見れば、価値の尺度という点において、
ゴミも黄金もさしてかわりのないもの、という、
ちょっと過激かもしれないけれど、そういうことを伝えたかったのです。
もちろん、子どもたちに。

物語の主人公の子どもたち三人組---裕太、ケン、鈴香--は、
黄金などというものにはまったく興味がありませんから、
自分たちにとってほんとうに大切なものを守るために走り回ります。
つまり、友人のカッパを……、
途方もない苦しみから友人のカッパを助けるために、です。

ゴミが黄金に変わる。
ファンタジーにだけ可能な---
人によっては ほら話と言ってきりすててしまうかもしれませんが--
と思っていた奇妙な出来事を中心に、
diamond『カッパのかーやんと金色の災い』という物語は展開します。
さて。
黄金となったゴミは最後にどうなるのか?
結末はここでは語らないでおきましょう。
この物語の最後の一行に、
すべての思いを未来の社会を担う子どもたちにたくしたつもりです。
なぜならば、この問題のほんとうの解決は、
物語の最後の一行に句点がはいって物語が終わって、
そのさらに先にあるからです。

Kinirohon__2

diamond 本の画像をクリックすると、遊絲社のホームページに移動します

fullmoon アマゾンの「カッパのかーやんと金色の災い」ページには

heart bk1 ビーケーワンの「カッパのかーやんと金色の災い」には


  お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
  ↓ down
  flag 人気blogランキング flag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

家の水回りも、10年経つと悪い処が出てきました!

  家の水回りも、10年経つと悪い処が出てきました!wobbly

キッチンの床が濡れているのです。あれれ、水を誰かがこぼしたと思い奇麗に拭いたのにと思っていると、次の日にはまた濡れている。
SH工務店に建ててもらったので早速連絡。
流し台の下に垂らしている水道のホースが痛んで水漏れしてることが分かりました。
「家は建築して10年経つと、まず水回りに悪いところが出てきますね」
という話でした。

SH工務店では、10年で家の点検、それから5年毎に60年サポートする事になっています。
原発のこと、思いましたね〜。
原発40年稼働させて、60年迄延ばすという話も出ています。
10年で早くも新築の家の点検ですよ。

原発を思うと40年も動かしてもいいなんて絶対に信じられません。
放射性物質で老化も早く進むだろうし、40年とか60年とか、お気楽な事言ってては駄目なんじゃないですか!shock

そもそも原発を造る事自体、気がふれているとしか思えませんが、
3・11のフクシマの原発事故が起っても、まだ原発を動かし続けているなんて、
本当にまともな国のする事ではないですよ。

明日にも大きな地震が来るかも分からないというのに、
私達の命をなんだと思ってるんでしょうか!weep

『小出裕章 原発と憲法9条』出版にいたるまでを、
遊絲社のページにアップしています。
ご覧下されば嬉しいです。

Hon_genpatuken9

http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html

  お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
  ↓ down
  flag 人気blogランキング

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »