« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

『小出裕章 原発と憲法9条』出版にいたるまで

『小出裕章 原発と憲法9条』出版にいたるまでを、遊絲社のページにアップしています。
ご覧下されば嬉しいです。 
http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html
  3・11から……。
私のささやかな日常も、3月11日の枝野官房長官(当時)の会見「最大限の努力をしております」によって、すべて吹き飛んでしまいました。
「最大限の努力」といっても、そんなことは当たり前で、そのような具体性のないかけごえのようなものをもって対応策とした時点で、事態のコントロールを失っていることの証左となっているのではないか。
そのような直感が戦慄となって、テレビを観ていた私の全身を貫いたことを覚えております。
それからは、もう、インターネットを通じての情報収集に不眠不休であけくれる、という状態が一週間は続きましたでしょうか。
そうしたなかで、小出先生のお名前を知ったわけです。
(小出先生は「先生」と呼ばれることを非常にいやがっておられるのですが、ご本人を前にしたときだけ「さん」と呼ばせていただき、ご本人のいないところではコソコソ(?)と先生と呼ばせていただいております)。

 ……(中略)……

4月に小出先生のインタビューを敢行してラジオで放送した『FMわいわい』のキムチアキさんから、
「小出先生の本を出版したりはしないのですか?」
と言っていただき、すると今度はなにやらそれが自分たちの使命のような気がしてきたから不思議です。
http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html

 ……(中略)……

本のタイトルは、diamond『原発と憲法九条』diamondです。
原発事故が起きて、ようやく私にもわかってきたのですが、原発の問題とは、より普遍的には差別の問題です。
このことをふまえて、反原発運動は組織されなければならない。
そうした本にしたかったし、なったのじゃないかな、と思っております。
この本の中に、ほんの少しだけ、質問者として私が出てきます。
小出先生の仕事場におじゃまして(先生は京都大学原子炉実験所の会議室を用意してくれておりました)ほんとうに恥ずかしい質問をさせていただいたのですが、その質問がどれほどに恥ずかしいものかは本をご購入して確認していただくとして(笑)、小出先生のお返事を抜粋します。
                      (遊絲社 溝江純)

 

club  小出 福島第一原子力発電所の事故は、事実として起きたのです。
そして、これも事実として、いまの膨大な汚染という事態もあるのですね。
そうした事実を見たくないというなら……見ないで過ごすこともできる。日本という国は—東京電力もそうですけれども—いま現に起きている事実を人々に見せないようにして情報を流しているのですよね。
でも私は、どんなに苦しい事実であっても、見ないよりは見たほうがいいと思っています。

 ……(中略)……

http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html

危険があるという事実を受け入れた上で、次の……。未来はありますよ! 未来なんて必ずあるに決まっている。
そして、shine どんな未来を手に入れるかは、私たちの手にある。shine
若い人たちの手のなかに、未来はある。
ですから、ちゃんと事実と向きあった上で、どういう未来を作るかということを考え、そのために行動する。そういうことを私はやりたいと思うし、若い人たちもそうあってほしいと思います。


  お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
  ↓ down
  flag 人気blogランキング flag

 heart アマゾン 「小出裕章 原発と憲法9条」

http://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E5%87%BA%E8%A3%95%E7%AB%A0-%E5%8E%9F%E7%99%BA%E3%81%A8%E6%86%B2%E6%B3%959%E6%9D%A1-%E5%B0%8F%E5%87%BA-%E8%A3%95%E7%AB%A0/dp/4946550313/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1330959821&sr=8-1

 

diamond 遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」出版にいたるまで
http://www.yuubook.com/center/interview/koidesan_20120101/koidesan_20120101.html

 

club 遊絲社 「小出裕章 原発と憲法9条」
http://www.yuubook.com/center/hanbai/syoseki_syousai/syousai_genken9.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヤフーニュース・「負けてたまるか!」サウナ支配人・池末龍雄の自伝

heart01 ヤフーニュース・「負けてたまるか!」サウナ支配人・池末龍雄の自伝 heart01

“京橋はええことだっせ〜”のCMで知られる、
大阪市都島区の総合レジャービル「グランシャトー」のサウナ部門を
開業以来40年間、取り仕切ってきた初代支配人が
flair 自伝「負けてたまるか!」(遊絲社)を出版 flairした。

入浴客やサウナレディーらとの裏話が満載。
国内ではサウナに関する書籍は極めて少ないだけに、貴重な1冊になりそうだ。

■ ヤフーニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120101-00000555-san-soci

 自伝「負けてたまるか!」(遊絲社)を出版した、
グランシャトー(林商事)顧問の池末龍雄さん(72)は、
昭和43年にボイラー技士として堺市内のサウナに就職。
その後、数店を経て、同46年11月開業のグランシャトーに支配人として招かれた。
「当時は、大阪万博と前後してレジャー産業としてのサウナが
軌道に乗り始めたころでした」と池末さんは振り返る。

後発だった同店を任された池末さんは「清潔」をモットーに、
入浴や体洗いをバイキング方式で選んでもらう−などのアイデアを駆使 run

flair【韓国から輸入されたとされる「垢すり」は】flair ☆、
実は、それ以前に池末さんらが取り入れたともいわれている (o^^o)y
ここに、「垢すり」の原点があったのね! lovely

☆ ヤフーニュース見てね wink
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120101-00000555-san-soci

◆ 遊絲社(ゆうししゃ)のページ
http://www.yuubook.com/center/hanbai/syoseki_syousai/syousai_matama.html

  お気に入りましたらflag 応援 flagのクリックお願いしますね
  ↓ down
  flag 人気blogランキング flag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「小出裕章 原発と憲法9条」☆ 未来は、私たちの手の中にある

「小出裕章 原発と憲法9条」 小出裕章 著
            2012年1月21日新刊発売

悲劇を悲劇のままで 終わらせないために

未来は、私たちの手の中にある

戦争、貧困、環境破壊、そして原発事故。
それらの問題には”差別”がある。
歴史を見つめ、事実と向き合い、未来につなげる。
一貫して原子力に反対してきた小出裕章の、渾身のメッセージ!

原子力の問題といいうのは、単なるテクニカルな問題ではないのです。憲法9条の理念や、私たちがどうやって生きていく、どうやってこの国を作っていくかという、非常に根本的な問題ともリンクいている。」
「この国が原子力をすすめる意図はどこにあるのか。要するに核兵器を持ちたい、こういうことなんだと私は思っています。そう思いながら・・・・・・・・・・いや、それを知りながら、何の抵抗もしないまま生きることは、私には出来ません。」
歴史を見つめ、事実と向き合い、未来につなげる。
一貫して原子力に反対してきた小出裕章(京都大学原子炉実験所助教)の、渾身のメッセージ!

Hon_genpatuken9

目次より
●「原爆・原発と憲法9条」

●「私が原子力に反対をする根本的な理由」
            4月13日『FMわぃわぃ』インタビューより

●「どんなに苦しい事実であっても」
           10月31日『FMわぃわぃ』インタビューより

                1400円+税  遊絲社(ゆうししゃ)

遊絲社・「小出裕章 原発と憲法9条」注文ページ(送料無料)
http://www.yuubook.com/center/hanbai/syoseki_syousai/syousai_genken9.html
(1/25日現在一時的にアマゾンで在庫切れです、お急ぎの方は出版社に直接ご注文下さい)

お気に入りましたらflag 応援のクリックお願いしますね
   ↓down
  flag 人気blogランキング flag

| | コメント (2) | トラックバック (0)

よい年でありますように☆「ドウガネブイブイ」の歌を贈ります♪

卯年から辰年になりました。
shine よい年でありますように☆shine「ドウガネブイブイ」の歌を贈ります note


club「ドウガネブイブイ」遊絲社
http://www.yuubook.com/center/hanbai/kodomohon_syousai/syousai_dougane.html

diamond「ドウガネブイブイ」アマゾン
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%89%E3%82%A6%E3%82%AC%E3%83%8D%E3%83%96%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%A4%E2%80%95%E9%99%A2%E5%86%85%E5%AD%A6%E7%B4%9A%E3%81%A7%E3%81%BE%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%93%E3%81%A8~%E3%80%8C%E3%81%8A%E8%A9%B1%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%80%8D%E3%82%88%E3%82%8A-%E6%BA%9D%E6%B1%9F-%E7%B4%94/dp/4946550003/ref=sr_1_1?s=books&ie=UTF8&qid=1325350525&sr=1-1

  お気に入りましたらflag 応援のクリックお願いしますね
   ↓ down
  flag 人気blogランキング flag

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »