« いいことが起こり続けて欲しいですね♪♪私もそうです!! | トップページ | ☆ ブライトンベルカフェで、新しいこと、紙芝居がはじまりました ☆ »

サラリーマンからマグロ船に乗ってしまいました?ええっ、どうしてそんなはめになったの?

齋藤正明さんは、サラリーマンからマグロ船に乗ってしまいました?
ええっ、どうしてそんなはめになったの?

『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』
                齋藤正明 マイコミ新書780+税

実は著者の齊藤さんは、「マグロの鮮度保持剤」の開発に
たずさわっていたのですが、
なかなか進まない中で、ある日のこと上司から、
「マグロ船に乗ってマグロの全てを知ってこい」
と言われたのです。
齊藤さんは断ることができず、泣く泣くマグロ船に乗ったのですが、
これが齊藤さんの運命を好転させることになりました。
人間、何があるか分かりません。

何故運命が良いほうになったのかは、
『会社人生で必要な知恵はすべてマグロ船で学んだ』を読んでみて下さい
と言うしかありません。
どこがいいかを伝えようとすると、殆ど丸ごと位この本の内容を書かなければ
ならなくなるからです。

全長わずか20mの空間が、齋藤さんの乗ったマグロ船です。
その中で、とにかく生活していくのです。
漁師とのやりとりや生活の中で、齊藤さんは、
今までの常識が思い込みでしかなかった
ことを身を持って悟っていきます。

著者が、会社の生活などを「毎日が辛かった」と言ったときの親方の言葉は、
「人間はの、幸せのなかにいるときは、幸せに気づかんもんよ。
マグロだって、海にいるときは、自分の幸せにはきっと気づいておらんち。
おいどーらが釣り上げると、マグロはバタバタと大暴れしよる。
海から引き離されて初めて、海のありがたみがわかったんじゃねーんか?
齋藤も、陸(おか)から離れて、
陸にいられることのありがたみがわかったんじゃねーんか?」
考えさせられた言葉です。

9人の乗員と20mの空間、そこで生活して仕事をしていくのです
。 ある日、スピーカーが壊れました。
スピーカーが鳴らす6秒に1回の合図で、
マグロのエサであるアジを付けた釣り針の縄を
海に投入します。
故障したらどうするのか?
有り合わせの道具で直したのです。

「よくあり合わせ部品でスピーカーを直せましたね」
船長は、
「たいてい、なんでも直るんど。
海に出てしまえば、この20mの船だけが世界ど。
自由といえば自由だが、トラブルが起きたら、ここにあるもので全部
なんとかしぇなならん」

無ければ無いなりになんとか工夫するものです。
私も子どものころを思い出しました。
教科書もノートも不足していて、
そして参考書なんて全然買って貰いませんでした。
無ければ色々と工夫して、かえって頭を使うことになりましたね。
いま思い返しますと、その方が結局自分のためにもなったと思います。

なかなか考えさせられる本でした。

また、コミュニケーションについても随分考えるところが多かったです。
人間関係で悩んでいる人も多い現代、素朴な漁師の言葉に耳を傾けてみるのも
良いのではないでしょうか。


児童文学作家 溝江玲子


お気に入りましたら応援のクリックお願いしますね

人気blogランキング

溝江玲子のHP
【絵本工房】http://www.yuubook.com/
【ファンタジックウイング】http://www1.linkclub.or.jp/%7Emarine/

「FMわいわい」の放送では、溝江玲子がパーソナリティをやっています。
『おかげさまです。ももっちおばちゃんのラジオお昼便!』
定例放送は、毎週水曜日、13:00〜13:10まで。
サイマル放送からリアルタイムで聞くことができます。
サイマル放送へ飛び、 http://www.simulradio.jp/
神戸のエリアで「FMわいわい」77.8MHzを
探して下さいね。
また「FMわいわい」では多言語放送をやっていますので、
ネットから世界各地でも聴くことができます(溝江玲子のページ)
http://www.tcc117.org/fmyy/index.php?e=21
溝江玲子が社長
【遊絲社ゆうししゃ】http://www.yuubook.com/center/index.html

溝江玲子の日記
【ほそうで奮戦記】http://www.yuubook.com/hosoude.html

☆ 出産のお祝いに ☆ オリジナル赤ちゃん絵本「赤ちゃんがやってきた」を!
赤ちゃんのお名前や生まれた日などが入ります。
http://www.yuubook.com/ori_ara_akachan.html


|

« いいことが起こり続けて欲しいですね♪♪私もそうです!! | トップページ | ☆ ブライトンベルカフェで、新しいこと、紙芝居がはじまりました ☆ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

溝江さんに本をご紹介いただきまして、
光栄です。

マグロ船での経験が本になるとは、
船を降りてからも5年間は気づきませんでした。

参考書が手に入りにくい時代だったのですね。
不便なほうが工夫はできるのかもしれませんね。

投稿: 齊藤 正明 | 2009年9月15日 (火) 08時57分

齊藤 正明様、
ご訪問下さりありがとうございますhappy01

私達から見ると、経験できない世界です!
その中で、本当に貴重な経験をなさったと思います。

素朴な率直な言葉が、心にストレートに響いて
気付きを与えてくれますねsun
ありがとうございます!!

投稿: 溝江玲子 | 2009年9月16日 (水) 11時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/481082/31378237

この記事へのトラックバック一覧です: サラリーマンからマグロ船に乗ってしまいました?ええっ、どうしてそんなはめになったの?:

« いいことが起こり続けて欲しいですね♪♪私もそうです!! | トップページ | ☆ ブライトンベルカフェで、新しいこと、紙芝居がはじまりました ☆ »